オフィス プレゼンテーションの手法―③模型製作―

現在設計中のTビルⅡの検討模型です。

基本設計段階では図面やスケッチ、完成予想透視図(パース)を作成して検討します。

今回の建物は、二つの四角がお互いに食い込んでいるような形なので、構成がちょっとわかりにくいです。

普段設計図を見慣れていないお客さんが空間を理解するのに一番良い手段を考えると、

実際触って覗きこんだりできる模型がよいのです。

Post a Comment